ナナライ2ndが発表になったので夏のメットライフドーム対策を整理してみる

まずはじめに、アイドリッシュセブン 2nd LIVE REUNION、開催決定おめでとうございます!そしてありがとうございます!!!!!

idolish7.com

最高すね。楽しみすね。わたくし、1st LIVEに奇跡的に2days連続参戦いたしまして。昨年は事前準備として以下のようなブログを書きました。

sunfun.hateblo.jp

でね、この結果どうだったかというのを、「ぜんぶあってよかった」という雑なアレで終わらせて、ちゃんと振り返りしてないんですよね。楽しくて本編以外の記憶が薄くなっちゃったから。ちなみに楽しすぎた感情が暴走した感想?記事はこちら。

sunfun.hateblo.jp

半年経って冷静になっておりますので、今年参戦される方のご参考になれば……ということで、あらためてまとめておこうとおもいます。

いや正直、またあそこかー!とおもってしまった。過酷です。真夏のメッz……メットライフドームを侮ってはいけない。 

念のためですが、前回わたしがいたのは売り子さんも来られるスタンド席だったので、アリーナ席の飲食ルールはわかりません。その点はご了承いただき、実際の公式アナウンスやガイドに従ってください。あと、あくまでわたしの経験の基づく参考情報です。個々のご事情に応じて準備してくださいね!

日光問題

  • 会場の外周がフルオープンかつ屋根が日光を通すつくりになっている
  • 終演後は駅に入れるまでにかなり時間がかかる

つまり、終始日光にさらされる可能性があります。特に帰り。
考えてみてください。暑いなか全力でライブを楽しんだ。あとは帰るだけ。気力は満ちていても体力はすっからかん。大混雑で熱気の逃げ場もない。そんな状態で長時間、真夏の陽の光を受けてじりじり並ぶ。駅はまだ見えない……。

とか、つらくない!?!?わたしはつらい!!!!

基本的に日傘はNGです。混雑時はあぶないし、おそらく今年も公式からNGのアナウンスが出るとおもわれます。

昨年と違って開演時間が遅めなのでピークに炎天下で云々ということはなさそうですが、西陽は西陽でつらいものです。

そのため、日焼け止めはマストとして、UVカット対応のパーカーや大判タオルなど、まわりに迷惑にならない範囲で日光を遮ることができるアイテムを持参されることを強くおすすめします。帽子でもいいけど、肌の露出は少なければ少ないほど日光によるダメージを防げるので。雨が降ったときにも役立つし。

体があんまりつよくない方は、アンコールをあきらめて早めに退散するのも手段として考えておいたほうがいいです。(昨年わたしは泣く泣くそうしました)

おうちに帰るまでがライブだから、楽しい思い出にするためにもしっかりとした対策/判断をしたいですね。

おすすめアイテムまとめ

熱中症対策

  • 会場は蒸し風呂状態で場所によってはぜんぜん風がとおらない
  • ていうかもうとにかく暑い
  • 水分摂るはしから汗になって出てく

3時間半のライブで、ペットボトル2本まるまる消えました。わたしおといれ近いんですけど(加齢により)、ガブガブ水分補給して一度もおといれ行きたくなりませんでした。こわっ!

もちろん冷たい飲み物のほうがきもちよいし体内温度も下げてくれる気がするのですがそのあたりはお医者じゃないからわからない。ただわたしは冷たいものを持っていって正解でした。じゃないと保たなかった。ぬるいお水だと暑さで傷むのも心配だったし。
わたしの場合、ランチ用の保冷バッグをつかいました。

これにコンビニで買った冷凍ドリンク(冷凍のコーナーで売ってますが自宅で冷やしてもよき)、すぐ飲める凍らせてないドリンク✕2、保冷剤を一緒にいれればバッチリです。冷凍ドリンクのおかげで一緒にいれた飲み物は冷えるし、保冷剤もずっと冷たさを保てるし、ペットボトル2本でも足りないなとおもった頃には溶けてるのでちゃんと飲めます。ちょっと重たいけど帰りには軽くなってるからだいじょうぶ。飲み物はスポーツドリンクがいいとおもいますが、苦手ならお水でも。ちなみにカフェインの入っているお茶やコーヒーは利尿作用による脱水が心配だったので、念のためわたしは避けました。保冷剤は入るようならパンチして冷やすやつも一個予備に入れとくと良いかも。ぬるくなったとき用。

塩分補給として塩タブレットも買ったけど、持ってった飲み物がソルティライチだったので、なくても大丈夫かなーとおもって結局食べませんでした。お水だけだったら食べてた。このあたりは人それぞれだとおもいます。あとは準備中に感謝祭でのしらいむさんが頭から離れず、ビーフジャーキーも持っていきましたが、正直正解。おいしいし、塩分とれるし、きらいじゃなかったらおやつにぜひ。おにくは正義。

体力維持にはアミノバイタルゼリーを持っていきました。 

アミノバイタル ゼリードリンク SUPER SPORTS 100g×6個

アミノバイタル ゼリードリンク SUPER SPORTS 100g×6個

 

 わりと元気に過ごせたのはこれのおかげな気がします。保冷バッグに入れてたので、ゼリーがひんやりしてのどごしが心地よかったです。

あとは持ち運びの扇風機。

本当にたすかりました。暑さで雫の浮いた保冷剤やペットボトルを肌にあてたあと扇風機でふわーっと風を送るとめっちゃ涼しくて爽快。わたしが持ってるやつはすでに品切れのようでしたが、Amazonでも電気屋さんでもかわいくて軽いやつたくさん売ってるとおもうので、お好みのものを。

熱さまシートもよかったです。すぐぬるくなっちゃうけど。見た目はアレですけど、体調には変えられません。首のうしろとかならはずかしくないでしょ!途中で貼り替えるのも見越して多めに持っていくとよいかもです。

おすすめアイテムまとめ

  • 保冷バッグ
  • コンビニの冷凍ドリンク
  • すぐ飲める冷凍してないドリンク(スポドリかお水)
  • タブレット(塩飴)
  • ビーフジャーキー(おもにしらいむさんファン向け)
  • アミノバイタルゼリー
  • 持ち運び扇風機
  • 熱さまシート

近場のホテルにお泊りする人向けのおすすめグッズ

りふれっしゅ!ということでまずやっぱりど定番の休足時間。パツパツに張ったふくらはぎに貼ってました。

りふれっしゅ!二番目はホットアイマスク。

【まとめ買い】めぐりズム蒸気でホットアイマスク 完熟ゆず 12枚入×2

【まとめ買い】めぐりズム蒸気でホットアイマスク 完熟ゆず 12枚入×2

 

いやこれほんと効くので……夏だけど騙されたと思ってつかって……。最近はコンビニで1枚から売ってるのを見かけます。冬だからかな。わたしは完熟ゆずの香りがお気に入りです。

タオルとかTシャツとか、連日参戦でお洗濯される方は折りたたみハンガーを持ってるとよいかもです。

小さいので、荷物にいれてもそんなに邪魔にならんです。でもホテルによっては備え付けなのでいらないかも。

エアコンの冷えが気になる方は、足首カバーをぜひ。

pubicare.stores.jp

ちょっとお値段張るけど、よき品です。わたしは通年で使っています。

あとはちょっとした上着を。よるごはんをどこかお店で食べるなら、案外エアコンがさむくて震えます。もし2日連続の猛暑予報だったとしても、羽織れるものは入れといたほうがいいです。わたしは小さく畳んでしまえるウインドブレーカーを持参しましたが、持ってって正解でした。

おすすめアイテムまとめ

  • 休足時間
  • ホットアイマス
  • 折りたたみハンガー
  • 足首カバー
  • ちょっとした上着

念のための雨対策

カッパは雨予報なら一応お持ちくださいまっし。カッパて。レインコートですね。これだからおばちゃんは……。

キウ(Kiu) [KIU Poncho]アングル オフホワイト 95cm(前丈)105cm(着丈)150cm(幅) K64-125

キウ(Kiu) [KIU Poncho]アングル オフホワイト 95cm(前丈)105cm(着丈)150cm(幅) K64-125

 

 Kiuのレインウェアはかわいい。

あと防水スプレー、これは持っていくというよりおうちにひとつ置いとくと便利。

[コロンブス]COLUMBUS アメダス1500 AMEDAS (180ml)

[コロンブス]COLUMBUS アメダス1500 AMEDAS (180ml)

 

かばんとか靴にシュッとすると弾いてくれます。Perfumeで台風まっただなかの大阪に行く前に使いましたが、これのおかげでスニーカーに水しみて冷えたつら〜!みたいなことを回避できました。シュッてしていい材質かどうかは各自ご確認の上でドゾ。

ほかにも、どこかで見かけたけど、荷物置いたりくるんだり、最悪カッパがわりになるとかでゴミ袋を持って行きました。ふつうにゴミの日に出すように使うやつ。小さく折りたためば邪魔にもならんし、ということで。念のため2枚くらい。

おすすめアイテムまとめ

  • カッパ
  • 防水スプレー
  • ゴミ袋

その他

あとはお腹痛くなったとき用にホッカイロとかも持ってってました。心配しすぎでしょ。いやお腹弱いから……。当然のように出番なかったけど、雨とかだと寒いかもしれないので、天気予報次第でひとつ荷物にしのばせとくのもアリかもしれません。

最後に。なにより大事なのは、アイドリッシュセブンへの愛情と、健康な自分の体!です!7月に向けて体力つくりなどして、体調をととのえていきましょう。

 

チケットが取れるかわからないけど、取れることを!いのって!このブログをおわります。みんながんばろう。

Perfume横浜公演に行ってきた(追加公演)

FPツアー参戦ラストを飾るのは。自力であてた追加公演です。母と弟と行ってきたのですが。

まさかの センターステージ真横 すぐそばに3人が

 

ほあー!!?!?!!?

 

座席についてネジの壊れたロボットのように震えるわたし。どうしよう近いとすがるわたしを宥める母。「おー、いい席じゃん」とのんきな初参戦の弟。

いや、弟、お前、こんな神席そうそうないからな……!?

センターステージに来た3人のふくらはぎの筋肉がよく見える距離でした。いやほんとPerfumeなんなの?膝裏のくぼみまで美しいんだけど?????

ここまで近いのは今ツアーでは初めてでした。何度もあ〜ちゃんと目があって、曲中にこっとしていただいた(と言い張る)ので、もう気持ち的にはまさしく「このまま消えてもいいよ」……ってどんだけーーー!(IKKO)

SEVENTH HEAVEN大好きなので間近で見られて嬉しかったのですが、位置的におもいっきり見上げる形になるので、さぞかしアホ面さらしてただろうなあとおもうとちょっと恥ずかしいです。

ちょっと脱線しますが、我が家は祖母がバレエ教師、今回一緒にいった母も若かりし頃は祖母のもとでバレエを教えていたことがある人なので、クラシカルな動きをする人(Perfumeだとゆかちゃん)を好む傾向があるのですが、今回は終演後、「あ〜ちゃんのダンスがまるで音楽そのものになっていて目が離せなかった」「教科書どおりという言葉があてはまるほど正確、それは無個性とは違う、正確に踊ることの難しさを知ってる、だからすごい」と言っていました。

いちおうわたしも過去に二桁年ほどバレエやダンスをかじっていたり、子供の頃からちょこちょこ良い舞台を観る機会にも恵まれていた身なので、技術的なことは多少わかるつもり(つもり……)なのですが、Perfumeのダンスって本当に素晴らしいのです。よくのっちが一番上手と言われますが、わたしにとっては三者三様、誰が一番と決められない。おそらく得意なダンスのジャンルが違うもあって、全員が一番だとおもっていますし、そもそもPerfumeのレベルになると「上手い下手」で語ること自体が野暮ってもんです。

それを前提として、わたしは今回のツアーではどうしてもあ〜ちゃんから目が離せなかった。強さのなかにもキュートさがにじみ出るのが今までのあ〜ちゃんだったけど、なんとなく去年くらいから、楽曲そのものに完全に寄り添う表現になったなとおもっていて、ダンスコンテストのときにみたTOKYO GIRLでも同じ感覚をおぼえました。あ〜ちゃん、表現力もダンススキルも天井をつきぬけた感じ。すばらしかったし、母も同じことを言っていたのがおもしろかったです。バレエダンサーに例えると、のっちとゆかちゃんが海外のダンサーで、あ〜ちゃん吉田都さん、みたいな。(※あくまで個人の見解です)

もちろん、先に述べたように三者三様ですし、どのダンスがフィットするかどうかの基準も人それぞれです。もしこの記事をよんで「いやのっちだ!」「いやゆかちゃんだ!」とおもった方は、その感想もぜひ大事にしてほしい。それはダンスの奥深さそのものだとおもいます。

関節の柔らかさを活かしたのっちの広がりあるのびやかな踊りも、爪の先まで神経の行き届いたゆかちゃんのていねいで繊細な踊りも、強いバネと意志に支えられたグルーヴ感あふれるあ〜ちゃんの踊りも、全部最高。

ひとつの曲でも3種類のダンスが楽しめる。だからこそシンクロする瞬間は鳥肌がたつほど美しい。ほんとうに奇跡の3人。だから本当に目がいそがしい。みんな心底好きなんじゃー!と心のなかで叫んでしまうたび、わたしはなんと幸せ者なんだろう、とおもいます。

ごはん情報も書いとこ。開演前にここでランチをしました。

tabelog.com


担々麺。おいしかった!辛さ控えめにできるので、辛いものが食べられないから担々麺を避けて行きてきた我が母も「人生初の担々麺だけどちょうおいしい」とよろこんでいました。夜は餃子とかも食べられるのかな。また行きたいな。

ということで、わたしにとってのFPツアーはここで終了。(年越しカウントダウンは仕事で行けなかったんだ……配信もあまり見られなくて悲しいから特典に入れるか別途ぶるれいなどにしてほしい……)FPアルバム自体は、聴いたときにそこまでガーン!とテンションが上がるものではなかったですが、やはりPerfumeとはライブで完成するものなのだなと、毎度おもうことを今回もしみじみおもいました。FPツアーで披露された楽曲たちについては、別途語りたいです。

Team Perfumeにあらためて感謝の念でいっぱいです。すばらしい時間をありがとうございました。来年の海外ツアーには行けないけど、また3人に会える機会があることを願っています。

Perfume福岡公演に行ってきた

半分旅行記なのでちょっと長いです。

12/24、クリスマスイブの午前5時。まだ日も昇らぬうちにのそのそと動き出す。そっか〜冬ってこの時間はまだ真っ暗なんだなあ。普段ねぼすけなわたしは、そんなことを思いながら家を出ました。

待ちに待った福岡公演。にもかかわらず、ちょっと体調が悪かった。なぜなら眠れてないから。

いやーわくわくしすぎて一睡もできなかったんですよねー。

睡眠不足だと胃腸に影響がでたり乗り物酔いするタイプなので、羽田についた頃には若干グロッキーでした。飛行機は7時半。時間があるから、なんか胃に入れとかないと逆につらくなりそう、ということでおそばをかきこむ。朝食価格で980円くらい。空港ごはん高いよぉ……。もっとよきお店があったのかもしれないけど、探す元気がありませんでした。

機内ではホットアイマスクをして爆睡。目を閉じて、開いたら福岡についてました。えっはやっ。博多に行って、さきにお土産を買って(翌朝早くに帰京なので)、ぜんぶホテルによろしくして、福岡のPerfumeファン仲間な友人と合流!

前世では双子だったのでは?とおもうほどマンガやゲームの趣味も合う友人で、会えた時点でうれしくてうれしくて気持ち的には回復度180%くらい。なんならこのまま会場まで全速力で走ってみせようか!?みたいなテンションでした。おちついて。おとなでしょ。

とはいえ中年、一度起きた不調はそうそう回復せず、途中なんども「ごめんといれ」をやらかしました。ほんとごめん。さむかったのもある。海ちかいから。

餃子ランチして、カフェでお茶して(時間あったからお店変えて2回くらいした)、会場へ。

f:id:sun_otk:20190108224325j:image

マリンメッセはじめてだー!すこんと青い空と海沿い独特の空気が気持ち良い会場でした。あと、音がよかった。気がする。

この日はMCが、Twitterのトレンドにも入った「ひかるくん」の日。笑いすぎて酸欠になるかとおもいました。詳細はTwitterでいろんな方がまとめておられるので省略……。会場にHey! Say! JUMPファンの方もいらっしゃったようですね。話題になってちょっと心配したりもしましたが、おおむねポジティブな反応だったようで、そこは一安心……。わたしは逆にこのMCがきっかけでJUMPが気になり始めています。ライブ映像とか見てみたいなあ。

あと、クリスマスイブなのであ〜ちゃんの美声がメッセを震わしてくれました。LEVEL3以来だ〜!最高!特典で入れてくれるとうれしいのだけど、どうだろう。おねがいします、アミューズさま。

このツアーのP.T.A.のコーナーでは、TOKYO GIRLのダンスを観客に振り付けるという無茶振りをしていたのですが、本公演が最後のこの日はちょうどラストの部分でした。振り的には後ろを向くんだけど、後ろを向いたら3人が見えない……。
「どうする?前向いたままやる?」
と優しさを見せたかと思えば、
「いやでもPerfumeのファンはそんな向上心ない感じじゃないじゃろ!」
と手のひら返しのスパルタモード。舌の根も乾かぬうちに。そういうところ、ホント好き。(調教済な方のおたく)
がんばった分、みんなうまいことできて一体感がありました。

ちなみに、今回はちょっとだけマナーというものをあらためて考えてしまうようなあれこれがありました。よくないことをあえて細かく書く必要はないのでこれだけ。
ライブはみんなでたのしむもの!自分だけたのしくっちゃあ、だめなんだぜ!

終演後は、お魚食べたいというわたしのわがままを叶える形で友人が予約していてくれたこちらで。

tabelog.com


ごはんもお酒も美味しかったー!し、いっぱい語り合えてたのしかったです。よい夜を過ごせました。

翌朝は飛行機に乗ってそのまま東京に出社だったのですが、7時過ぎにホテルを出て7時半には保安検査場を通れる博多、遠征に向きすぎでは???お昼前には無事に会社に着けました。最高。いや本音を言えば休みたかっt……。

ということで遠征はトータルすごく楽しかったです。非常によきクリスマスをすごせました。

なお、買ったおみやげで一番のおすすめはこちら。

colocal.jp


いや干し明太子、本当においしいので。お酒がとまらなくなるので。福岡に行かれる際はぜひ。

Perfume横浜公演に行ってきた

もうツアー終わっちゃったけど!なんなら年明けちゃったけど!いっこいっこ振り返りたいのよ!もうネタバレも含めちゃうからね!というわけで書き溜めていたものを立て続けに更新します。

ド平日ですが、行ってまいりました。12/12、Perfume FPツアー、横浜公演。会社の先輩方と。

もともとファンクラブ先行で落ちてたんです。

sunfun.hateblo.jp

横浜だけ。

横浜だけ!

なんということ……関東住まいなのに……とかるく落ち込んでいたら、他部署の方から「奥さんが友だちと重複しちゃったらしいんだけど、行きませんか?」と。行きます!!!!!
奥さまにマジ感謝です。女神。会社でPerfumeファンを公言していてよかった。
3枚お持ちとのことだったので、日頃お世話になっていてPerfumeに興味あると言ってくださっていた先輩方にお声掛けしたところ、一緒に行けることに。

本当に不思議なのだけど、はじめての人と一緒に行くの、なんであんなそわそわするんだろうなあ……。

お譲りいただいた席が3階席の最前、メインステージの真横だったので、近くはなくとも、はじめて何もさえぎるものなく3人の姿を見ることができて最高でした。

横浜アリーナは9年ぶりということで。「前回も来てくれたひと!」で、元気いっぱいに「はーい」とお返事をしました。

そう、わたしも9年前、直角二等辺三角形ツアーの横浜追加公演2daysに参加していたのです。1日目のあとになー、組まれた座席の下に……1階分くらいの高さからiPhone3GS(当時)を落っことしてなー……。帰り際には見つからなかったので紛失届を出して帰ったら、連絡先にした実家に「みつかりましたよ」とお電話をいただいて。翌2日目の開演前に機材とかが搬入される、スタッフさんがざわざわしてるところの出入り口で受け取ったんです。ご迷惑をお掛けしてしまったけど、観客からは見えない景色と熱気にどきどきしたなあ。最後にはサプライズのエンドロールで号泣したりして。あのときから9年なんて。時間が経つのってほんとうにはやいです。

関係ないけど、そのときけっこうな高さから落っことしたiPhone3GSは完全に無傷で「iPhoneすっげー!」てなりました。でもわたしはその後の9年間で3回ほど画面をばっきばきにしています。かなしい。

話を戻そう。

FPツアーとしては10/6の青森以来、2ヶ月ちょっとぶりでした。あたらしく追加になっていた「宝石の雨」を経て、雨音からのButteflyは震えるほどすばらしかった。雨上がり、夜明け前の深い森のにおいと、葉っぱの水滴が反射する月の光を浴びて舞うちょうちょの燐光を感じたような気がしました。

これだからPerfumeのツアーは一回こっきりじゃ足りないんだ!

その最後に、あ〜ちゃんが「まわりの大人がみんなかっこいい。自分たちも、そういう大人たちのように、夢を見て信じて突き進む姿を下の世代に見せられたら」というようなことを言っていて(意訳)、勝手に自分の書いたこの記事を思い出して涙が止まらず……。
Perfumeが切り開いた道をたどり、その背中を追う子たちがたくさん出てきてくれるといいな、とあらためておもいました。

やっぱりPerfumeってすごくかっこいい。いろんな人にそのことを知ってほしいな。

Perfume以外のライブにも行ってきたんだよ

メリークリスマス!

わたしはきのうPerfume福岡公演に行ったしその前の横浜公演にも行ったけどそのことを書く前に!

11月に椎名林檎不惑の余裕」埼玉公演とアンジュルム「電光石火」横浜公演(昼夜通し)に!いってきたことを!書いておきたい!

なんであえて11月のことを今日書くのかといえば、単純にそうだ書きたかったんだ書かなきゃと思い立ったからです。それ以上の理由はない。

椎名林檎

不惑の余裕、というツアー名の貫禄通りというか、ほんとにまじで素晴らしくて、音も声も映像もダンスもすべてどっぷり浸って、手拍子もできないんですよ。意識がぜんぶ持ってかれちゃう。震えながら観てました。そしてわたしでも知ってる曲がたくさんで、ああ~~~!なつかしい~~~!!ってなったり。

椎名林檎は立ってるだけで美しい。なんだあの人は。さいたまスーパーアリーナの上のほうから観たのでそこそこ遠かった=小さかったはずなのに、存在感の大きさなのか、あまり小さいとおもいませんでした。目が吸い寄せられちゃうんです。すごい……

個人的にはレキシすきなのとレキシを知るきっかけになったのが「きらきら武士」だったので、生で聴けたのがすっごくうれしかったです。

というかグッズすごかった。お着物!!ほしかったTシャツやグッズは売り切れていたのだけど、どれも可愛かったから、もしまた行く機会に恵まれたらつぎこそゲットしたいなあ。

ファンの方の服装も愛にあふれる感じで、会場についた瞬間から楽しかったです。すべてがすてきでした。

ちなみに今回は会社の同僚につれてっていただいたのでした。ほんとうにありがとう。

アンジュルム

アンジュルムはもう、なんかもう、エネルギーの塊!どーん!ていうかんじでした。

どちらもファミリー席だったんだけど(老体、昼夜通して立ったままとか残念ながら腰がもたないのでね……)、座って観てたのにすっごい体力つかいました。いい意味で。

お昼をね、東京駅の茶らくでわりとがっつりお米を食べて、丸の内のTP TEAでタピオカを買って、満腹たっぷたぷの状態で横浜に行ったんですよ。で、座って鑑賞した昼公演後、お腹鳴ってるの。なぜ!

こりゃいけない、なにか食べねば、と、コンビニでピザまんとチキンを買って食べたんです。中年、そんなに食べるほうじゃないので、この時点でおなかいっぱいですよ。で、座って鑑賞した夜公演後、お腹鳴ってるの。

 

なぜ!!!!!!!

 

いやもうアンジュルムちゃんたちのエネルギーを受けてわたしもなにかを燃やしていたにちがいない。という、結論にいたりました。だってそれしか考えられないんだもの。

それくらい熱いパフォーマンスでした。かっこよかった。いますぐ見返したいのではやく円盤がほしいです。

 

あんまりPerfume以外のライブに行く機会がないんだけども、来年はもっといろんな人を観たいな~とおもいました。あとアンジュルムはあやちょ卒業前にもういちどいきたいです……

Perfumeはアイドルなのか問題

 

まずさいしょに

アイドルたちはきっと真剣にアイドルをしています。わたしたちファンも真剣に応援をしています。でも本当は、その対象がアイドルでもアーティストでもモデルでもアスリートでもインフルエンサーでもなんなら身近な友人知人でも、応援したくなるような相手の行動や想いやその他のなにかに心をつかまれている、その事実が重要なのです。相手の肩書がなんであれ「ファン」を名乗るのはそう生き物になるということで、そこに優劣はありません。

わたしはPerfumeハロプロが大好きです。類は友をなんとやらなのか、周りにはいろんなアイドルを好きな人がたくさんいます。でも、ほとんどの場合、好きな対象はどんなに遅くても20代後半には「アイドル」ではなくなります。

当人が望む進路変更であれば、もちろん問題ないのです。私たちファンはその背中を見送り、前を向き歩いているであろう彼女たちの姿に時折思いを馳せるのみです。

外野によるラベル替えに関するもやもや 

Perfumeが22~3歳の頃から、周囲が「Perfumeってもうアイドルじゃなくてアーティストだよね」と言い始めました。

わたしがPerfumeを好きになった頃、彼女たちはまだ10代でした。わたしは成人した社会人で、周囲に「Perfumeっていうアイドルが好きなんです」というと、一様におかしな顔をされたり、半笑いで「変わってるね」と言われたり、ひどい場合には「もっと大人としてまともな趣味を持ったらどうか」なんてことを言われたりもしていました。最悪なのは、個人の性指向に関する揶揄を受けたりしたことです。まあそれはまたちょっと別の問題なんですけど……。とにかく、その都度憤慨したり、落ち込んだりを繰り返したものです。

でも、「Perfumeはもうアイドルではなくアーティストでは」という「ラベル替え」が始まった頃から、そんなことを言う人はいなくなりました。そして、それをポジティブな変化だと、わたしにはおもえませんでした。
※ちなみに、ハロプロを好きだと言うと、いまだに同じような反応が返ってくることがあります。

ほぼ同じような頃、テレビだったかラジオだったか、3人が「まだアイドルと呼んでいただけるなんて」という発言をしていた記憶があります。あまりに衝撃的で、なんというか、打ちのめされました。そのとき3人が使った「アイドル」という言葉には、明確に「もっと年若い女子」を指していました。アイドルを目指して夢を叶え、その一線を駆け抜け戦い続けている彼女たちが、アイドルと呼ばれることに卑屈にならなくてはいけないって、いったいなに?そして「まだアイドルと呼んでいただける」彼女たちは、じゃあアイドルと呼ばれなくなったらなにになるの?アーティスト?でも3人はその変化を望んでいるの???

それは当人たちの意識の問題というより、そういう発言をさせた世間の問題に見えました。

また、Perfumeハロプロに限らず、「自分はこのアイドルを聴くし観るが、でも彼女たちは違う、彼女たちにはこんなアーティスティックな部分がある、だから自分はアイドルを好きなわけではない、アーティストとして好きなのだ」などと語り出す場面にもよく遭遇しました。

いや、いいんです。別に何をどのように好きになっても、それは個人の話の範疇におさまるのなら、わたしも気にならないんです。でももやもやしてしまう。その感覚の根っこにあるものが、個人の話の範疇だけにおさまるとおもえないから。

10年くらいそういったあれこれを見たり聞いたり結果、世間が女性アイドルに対してのラベル替えをしようとするとき、だいたい以下の3パターンに分かれると感じました。(混ざってる場合もたくさんあります)

  • アイドルをアーティストの下位ジョブだと捉えている
  • アイドルはまともな大人が好きになるものではないが、アーティストというラベルであれば応援するにやぶさかでないと考えている
  • 女性アイドルは年若い女性の使う肩書であると定義づけている

この3パターンが世間一般の風潮として存在するという仮定のもとに話を続けます。

ハロプロには「25歳定年説」というのがあります。内実は不明ですが、それくらいの年齢になるとみなキャリアチェンジをするのは事実です。冒頭で「当人が望む進路変更であれば問題ない」と言いましたが、彼女たちが先を考えるとき、社会における「アイドルは下位ジョブ」「女性アイドルは若い女の子がするもの」という風潮が影響しないかといえば、わたしはノーだと思っています。当人たちがそんな考えを持っているわけではなくてもです。「アイドルという肩書きから脱却しなくては、社会人として/芸能人として年齢を重ねていけない」という呪縛のようなものを感じます。

男性アイドルは50近くなってもアイドルなのにね。

Perfumeはアイドルです 

果たしてアイドルはアーティストの下位ジョブなのか?女性アイドルがアイドルであるまま、年齢を重ねてはいけないのか?

そんな感じのことを鬱々と考え込んでいた頃、Perfumeがでている雑誌を買いました。「音楽と人」です。Perfumeを「アイドル」と明確に書いていました。すべての雑誌を追えていないのですが、久しぶりに見かけた気がしました。そして最近の雑誌インタビューでは、3人も自身を「アイドル」と言っていました。
救われた、ように思いました。未来に光が見えたようにも思いました。
Perfumeにも、同じような年齢の呪縛があったことを知っています。「Perfumeを続けることにしました」という15周年ライブのMC。あれは、「続けない選択肢があった」と理解しました。でも続けることにした。その決断にいたるまでどんな葛藤があったのか、わたしたちにはわかりません。
Perfumeは今年から来年にかけて、メンバーが30歳になります。そのことに関係して、これからのライフプランやグループの今後について触れられる機会も増えているように思います。

そんな状況を受けてか、3人は今回のツアーのMCで

3人で歳を重ねるのが楽しい」

「求められる限り続けて行こうと思っている」

と、言ってくれました。 

わたしはファンとして、いついかなるときも3人の覚悟と決断を尊重します。もし今後解散することになったとしても、これまでの時間に感謝こそすれ、「あのときああ言ったじゃないか」なんて言うつもりは当然微塵もありません。(力いっぱい惜しむことはするとおもいます。それはゆるしてほしい)

でも、やっぱり嬉しかった。

外野の勝手なラベリングなんて気にしないで、続けたい人が続けられるだけアイドルを続けていける世の中であってほしい。3人がアイドルであることに誇りを持って前を見据えて進んでいく姿を見て、もっともっと後に続く子が出てきてほしい。そして「アイドルという生き方」を肯定し、尊重し、仕事として成立する世の中になってほしい。そんなふうに考えていた自分を、勝手に肯定されたような気持ちになりました。

本当はね、最初に言ったように、何かのファンであること自体は対象の肩書きとは関係ないんです。呼び方はアイドルでもアーティストでもなんでもいい。でも、ラベリングすることが対象のあり方に影響しそうな場面では、ファンだからこそ、こだわっていたい。

だからわたしは、「Perfumeってもうアーティストでしょ?」っていう人に対しては「Perfumeはアイドルだよ」と、「いい年してアイドルなんて好きなの?」という人には「そうよ、大好きなの!」と、胸を張って答えたいとおもいます。

 

ていう、だらだら話。まとまらなかったけど、まんぞくだ。楽しいことだけ書くブログにしたかったけど、破っちゃった。たまにはいいでしょ。

 

最後にアイナナ第3部から、天くんと姉鷺さんのやりとりを引用します。

「理想のアイドルって、なんだと思いますか?」

「終わらないアイドルよ。夢が終わるところなんて見たくないもの。日本一のトップスターじゃなくたって、顔に傷があったって、声が出なくたって、終わらせないでくれたらそれでいいのよ。だけどその夢を叶えるのが一番難しい」

永遠なんてないってわかってるし、終わらせることも大事なことだって知ってるし、ファンの夢ばかりを背負わず自分の人生も大切にしてほしいとおもっているけど、それでも列挙したような一般的な風潮なんて曖昧なものに「終わりを迫られる」ことだけは、男女関係なくできるだけないといいなあ……と願わずにはいられないわたしなのでした。

台風迫るなか、Perfume青森遠征に行ってきた

またか@台風

ということで、ドキットラブルだらけの青森遠征が無事終了しました。そして今は平日です。足腰痛い。老体。

f:id:sun_otk:20181010165346j:image

でもめっちゃくちゃ楽しくて……。そらもうめっちゃくちゃ楽しくて……

ざっくりまとめると。

トラブル

・同行の同僚(大阪とは違う子)が新幹線にタッチの差で乗り遅れる

!?ってなりました。!?って。わたしも昔いっかいやってるんだよな乗り遅れ……。めっちゃ焦る。

とりあえずすぐ次の後続列車で来るというので、安心してわたしはグランスタで買った豆狸のおいなりさんをもぐもぐしていました。のんきですまない。美味しかった。6個をぺろりだ。ちょっと食べ過ぎた。

・乗ってる新幹線が仙台で人身事故

トラブルって続くときは続くよね~……と思いつつ、まだ福島だという同僚と連絡を取り合ったりなんだり。再開までおとなしく事前にDLしておいたAmazon Prime Videoスパイダーマンをみたりしていました。べんりなよのなかだ。

・結果的に観光する時間がなくなった

これはもうしょうがない。一縷の望みをかけて県立美術館までバスで行ってみましたが、中に入る時間はなく。そして雨がひどくなってきたこと、事前に購入していた青森駅からライブ会場までのシャトルバスの最終時間が迫っていたことから、チケットがなくても見られるというあおもり犬も見ず、泣く泣くすぐに引きあげました。って言ったけど、わたしがお腹下したのもあおもり犬みられなかった原因のひとつだ。これはまじですまない。寒さで冷えた。毛糸のパンツでもはいていけばよかった。ちなみにライブ会場でもじわじわ痛かったけどライブ始まったらなおってました。Perfume、胃腸薬説。

・暴風でホテルが揺れる

これは2日目の朝ですが、風めちゃんこつよかったです。ホテル、13階だったんだけど、ゆ~らゆ~らしてました。ちょっとこわかった。

・強風と車両点検で帰りの新幹線も遅れに遅れる

悪天候の影響もあって体力が底をついていたことと強風での遅れを見越して、ほぼ観光せずに早めの時間に変更したものの、途中何度か運転見合わせを挟んだため、結果的に青森駅から5時間の長旅に。とはいえ、座れてるだけ前週の大阪遠征の帰路よりはるかに楽でした。

たのしかった

・ライブそのもの

いわずもがな。近かったんだよ~!最高に最高でした。たのしかった。わたしの次回参戦は横浜なので、12月までみられないなんてうそだー!どうやって生き延びよう。

MCが新幹線乗り遅れネタだった

Perfumeは結果的に乗り遅れなかったけど!MC中、何度もちらちら見てしまってごめんよ、同僚。話題がタイムリーすぎたのも手伝って、腹筋が爆散しそうになりました。Perfumeのライブにはおもしろトークライブも含まれるのでほんとお得ですね。

まとめてここにメモしようと思ったけど、もう記憶が曖昧になってきてむりでした……。この脳みそ……普段ゆるゆるだらだらしてるんだからこんなときに働かないでどうするのよ……。

PerfumeのMCはほんとに毎回爆笑ものなんですけど、今回はいつにもまして面白かったです。マジでここ数年で最大のヒットでした。3人による再現劇が最高だったので、ぜひ映像収録していただきたいです。

キーワード:女優のっち / ゆかちゃん「のっち荷物!」 / あ〜ちゃん「左折ってわかる?」

・というか全体的にMCが神がかっていた

これ後日、別記事で触れます。最後のあ〜ちゃんの挨拶が、夏に出た音楽と人の特集記事の記載や、アイナナやハロプロで思っていたこととリンクして、もう、ウワー!てなってしまったので。

・ジャケットコレクション3つ買って全部おなじの出た

そ ん な こ と あ る ! ?
67種類で完全ランダムなのに、全部エレクトロ・ワールドでした。大好きです!!!大好きですけど!!!写真撮り忘れてしまった。あとで交換してもらいました。ありがたや。ジャケットコレクションめちゃたのしいですね。

・超おいしいごはんとお酒

わたし、日本酒そんなに得意じゃないんですけど、ぱふゅおた仲間&同僚とPerfume話がはずんで楽しかったのと、お魚のあまりの美味しさについ飲んでみたくなって「初心者でも飲める地酒ってありますか?」と聞いて出していただいたのがこちら。

f:id:sun_otk:20181010165152j:image

フルーティーで胸が焼けるようなアレもなく、すっごく美味しかったです。お店情報ものっけとこ。

tabelog.com

刺盛りどう?って聞かれた時に「さんまが食べたいナ〜……」ってつぶやいたら、わざわざ入れてくださいました。本当に美味しかった。お店の方もフレンドリーで優しくて、とっても素敵なお店でした。青森にこれから行かれる方はぜひ。

・青森のソウルフードイギリストースト

ソウルフードとか言われたら気になるでしょ。でも、1日目はコンビニ3件まわってノーマルなイギリストーストまったくなかったんですよ。なんで?ソウルフードだからめっちゃ売れるってこと???

……翌朝、帰京前に再度コンビニ2件はしごして、やっとこ手に入れました。ついでにラスクも。

f:id:sun_otk:20181010165212j:image

トーストって名前のわりにトーストされてないけどでも、おいしい。東京でも買える、つくりは似てるけどサンドしてないほうのマーガリンじゃりじゃり砂糖パン(名前がわからん)より、味がふわっとやさしい気がしました。パンもモチッとやわらかい。好み。買ってよかった。甘いもの得意じゃないけど、このマーガリンじゃりじゃり砂糖の乗った食パンはめっちゃ好きなんですよね。歴史的にはイギリストーストのほうがありそうな?

なお、あとから探してみたらこんな記事がありました。イギリス大使館の許可まで得てるの……。つよい。

・りんごチップス

ぱふゅおた仲間に激推しされたため、くだものも甘いものもさほど得意ではないわたしも買ってみましたりんごチップス。
超・美味しい。

すごいですね。手がとまらない。ほんのりりんごの酸っぱさがあって食べやすい。あっというまに小さめの一袋ぺろりで、大きいやつを買えばよかったと思いました。お取り寄せまでしてしまったというぱふゅおた仲間の気持ちがわかってしまいました。

みどりの窓口のおねえさん

かわいい。やさしい。新幹線のチケットを変更して、新青森への最短電車をおしえてくださいました。ありがとうございました。津軽弁?ぽいイントネーションなのも最高にかわいかったです。思わず「アイドルとか興味ないですか?」って聞くところでした。

・駅前の施設ワ・ラッセとA-FACTORY

青森駅すぐ近くに「ねぶたの家 ワ・ラッセ」と「A-FACTORY」という施設があって、ねぶたを見れたり、お土産えらびをがっつり楽しめました。たのしかった!

ワ・ラッセはねぶたミュージアムがあって、歴史とか見られるようなんですけど、わたしは時間がなくて入れませんでした。でも迫力あるねぶたを間近でみられます。めっちゃかっこよかった。ミュージアムは気になるからリベンジしたいな〜!

f:id:sun_otk:20181010165253j:image

あとこの↓、勢いのすごい顔はめパネルがそっと置いてあるところにもぎゅっと心わしづかみにされました。青森、いいね!
※ ワ・ラッセに行った2日目は単独ぼっち行動だったので、顔はめた状態では撮れませんでした……。

f:id:sun_otk:20181010165304j:image

A-FACTORYは建物からして超おしゃれ。なかにあるお土産も定番のものから、若い人にも好まれそうないまどきのデザインのものまで、いっぱいあって目移りしてほんとたのしかったです。っていうか青森、お土産の種類めっちゃ豊富!そして全部おいしそう。ここ見てるだけでもなんか観光できた気になりました。

f:id:sun_otk:20181010165321j:image

前週の大阪にひきつづきトラブル多めの滞在時間24時間未満の青森遠征ではありましたが、なんたってライブが最高だったのと、ご飯が美味しかったのとでめっちゃくちゃ楽しい思い出になりました。ありがとう青森。

でもいつか単独旅行でリベンジしてやっからなーーー!!!